イギリス英語とアメリカ英語、違いと勉強するならどっちが良いか解説。

イギリス英語とアメリカ英語、どっちを勉強すればいいの?

よく、「アメリカ英語とイギリス英語って、どっちを勉強するのがいいの?」と聞かれます。

確かに、せっかく勉強するなら、メリットが多い方の英語を学びたいですよね。

答えとしては、

「どっちでもOK。こだわりがないなら、日本人はアメリカ英語がいいよ

です。

以下で、具体的に解説します。

質問:イギリス英語とアメリカ英語、どっちを勉強すればいいの?

まずは、自分の環境や好みが、どちらの英語を学ぶのに適しているかを確認してみましょう。

自分の環境を考える

現在、イギリスやイギリス英語圏にいる人、家族がイギリス人の人、イギリスのインターナショナルスクールに通っていたり、イギリスの会社に勤めていたり、仕事でイギリス英語を使う頻度が多い場合などは、イギリス英語がいいでしょう。

逆に、これらがアメリカになる場合は、アメリカ英語がいいです。

ちなみに、イギリス英語でアメリカ人と仕事しても、特に問題はないよ。

英スポくん

自分の好みを考える

環境で選ばなくて良い場合は、あとはもう自分の好みだけ!

ハリウッド映画が好きな人、アメリカの音楽が好きな人は、アメリカ英語、

イギリス王室のファンなら、イギリス英語という風に、自分の好みをヒントにしましょう。

イメージの違い

好みなんてないってひと!

言語の特性を知ると、好みがでてくるかもしれません。

簡単に、イギリス英語とアメリカ英語の、イメージの違いを見てみましょう。

イギリス英語 アメリカ英語
発祥の国 イギリス アメリカ
喋っってる人の例 エリザベス女王 トランプ大統領
雰囲気 フォーマル、上品 カジュアル
特徴 基本に忠実な正しい英語

丁寧で礼儀正しい表現を好む

比較的くずしたり、省略形が多い

シンプルな表現を好む

イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、マレーシア、香港、南アフリカ、西アフリカ、マルタ アメリカ、カナダ、プエルトリコ、リベリア、フィリピン
喋る人口 アメリカ英語より少ない

 

 

イギリス英語より多い

英語ネイティブ約4億人中、3億人がアメリカ英語話者と言われているよ。

英語の違いの例

イギリス英語 アメリカ英語
発音 r 子音の前の「r」を発音しない。

Hereは「ヒア」と聞こえます。

子音の前の「r」も発音する。

Hereは「ヒアR〜」と聞こえます。

発音 t 母音に挟まれた「t」をしっかり発音します。

waterは「ウォータ」と聞こえます。

「t」をdに近く発音します。

waterが「ワダー/ワラー」と聞こえます。

ボキャブラリー アパート
flat
エレベーター
lift
地下鉄
underground
薬屋
chemist
アパート
apartment
エレベーター
elevator
地下鉄
subway
薬屋
drug store
文法「have」 「Have」を使った現在完了形を多用する。

have lost my book.(本を失くしました)

正確な表現に礼儀正しさを感じているので、文章が長くなる傾向にあるよ。

Haveを使った過去完了より過去形を多用する。

lost my book.(本を失くしました)

 

 

日本人にとっては、

「発音はイギリス英語の方がしやすそう。でも、文章は、シンプルな表現を好む、アメリカ英語がいいかも・・・」

っという、印象でしょうか。

では、実際に少し聴いてみましょう。

実際のニュースの例

イギリスのニュース番組「BBC NEWS」より

アメリカのニュース番組「ABC NEWS」より

同じトピックで聴き比べようと思ったら、「世界の麻薬王」のニュースになっちゃった。。。

英スポくん

どちらの方が、聞きやすかったですか?

どっちも何を言ってるか、わからないし、

今はどちらか決められない、という方もいるでしょう。

特に決め手がない場合

そういう方には、一応「アメリカ英語」の方を、お勧めしています。

理由は、日本人が学校で習ってきた教科書が、アメリカ英語だからです。

 

おそらく、アメリカという国が戦後、日本と歴史的、政治的、経済的に強い繋がりをもっていて、

現在のアメリカの世界への影響力も、政治的、経済的、文化的にも(映画とか洋楽とか)大きいのが理由だと思います。

そういう訳で、特になんの理由もない日本人には、アメリカ英語の方が違和感がないかもしれません。

実際、日本で売ってる教材も、大半がアメリカ英語だよ。

英スポくん

そもそも、英語は違うアクセントだらけ。

そもそも、英語は違うアクセントだらけ。

同じ日本語でも、たくさんの方言があるように、

イギリス英語も、大まかに分けても、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドでアクセントが違い、アメリカ英語も、西海岸、東海岸、北部、南部、中西部でアクセントが違います。

また、英語にはイギリス英語、アメリカ英語以外の英語も存在します。

オーストラリアの英語、インドの英語、シンガポールの英語でもアクセントが異なり、

また、ネイティブスピーカー以外の、英語を第2言語として話す人(非ネイティブスピーカー)には、母国語の訛りがあるのが普通です。

スペイン人はスペイン語訛り、日本人はジャパニーズ・アクセントで話すわけです。

世界の英語を話す人のうち、実に約80%が非ネイティブスピーカーとも言われているので、

母国語のアクセントで英語を話すのが、ある意味主流ですね。

それぞれが、それぞれのアクセントで英語を使っている、とうのが実態。だから、相手の英語を理解しようとする姿勢も大切なことだよね。

英スポくん

答え:どちらでもOK。そんなこと気にしてないで、英語を学ぼう!

とにかく英語を学ぼう

イギリス英語、アメリカ英語ともに、英語のスタンダードとも言えるメジャーな英語です。

そのため、どちらを学んでも損することはありません。

最初は、アメリカ英語とイギリス英語には違いがあるんだな、という認識だけでOK!

スラスラ英語が喋れるようになってくると、様々な国の人と交流する機会がでてきます。

そこで、自然に英語の違いを学ぶと思います。

イギリス英語かアメリカ英語かを悩むのはナンセンス、話せるなら何でもOK!英語をどんどん使っていこうね。

英スポくん

イギリス英語でも、アメリカ英語でも、大事なのは、英語学習。

下記の記事を確認しておくとバッチリです。

効率的な英語学習方法|日本人に効く英語のツボ3つ!効率的な英語学習方法|日本人に効く英語のツボ3つ!