オンライン英会話不要?!無料でネイティブと友達になれるペンパル

オンライン英会話不要?!無料で外国人の友達を作れる「ペンパル」

  • 海外に、外国人の友達がいたらいいなぁ
  • 自由に、英語で交流してみたいなぁ(できれば無料で)
  • オンライン英会話はビジネスライク過ぎて、趣味で繋がれる友達と会話を楽しみたいな

っと思っている方に「海外に友人を作って、メールや電話をする方法とそのコツ」をご紹介します。

今回教えてくれる南さんは、この方法で、海外のお友達とラインやスカイプをしてるんだって。それでは、南さんお願いします。

英スポくん

初めてのペンパル ~ペンパルって何?~

初めてのペンパル ~ペンパルって何?~

ペンパルとはペン・フレンド つまり、文通友達・メル友のことです。

今ではメールでのやりとりが主流ですが、世界には昔ながらの手紙のファンも多く、実際に住所を教えあって手紙のやり取りをしている人もいます。

英語の勉強の為

私が海外にペンパルを作ろう!と思い立った一番の理由は、英語の勉強のためでした。

「いずれ海外に住みたいけど、まだ英語は勉強中……。英語が上達したら、海外の友達も欲しい……

こんな風に、いつまでかかるか分からない漠然とした思いを抱えて、ウジウジしてたんですね(笑)

でもある時ふと、「全然上達しないし、モチベーションも保てない。とりあえず、今の英語力を試してみるか」と思い、半ば勢いで海外ペンパル探しを始めたのです。

なぜ、英会話教室やオンライン英会話でなくてペンパルなのか

なぜ、英会話教室やオンライン英会話でなくてペンパルなのか

英語の勉強はしたい、けれど英会話教室は高額です。

オンライン英会話は比較的安価ですが、それでも月謝を支払い続けるのは大変です。

ペンパルは維持費用がかからない

ペンパルなら、費用はほとんどかかりません。

空いている時間にメールのやりとりができ、信頼関係を築けば直接Skypeなどで通話ができます。

無料でネイティブと好きなだけ話せる

無料でネイティブの友達と、好きなだけ話せるんです!

実際に私も、インディアナ在住のペンパルと通話しながら、一緒に大好きなテレビゲームで遊んだり、お互いに暇な時間に電話で話しています。

読み書きの復習もできる

それから、メールでのやり取りならテキストが残ります。読み書きの復習も出来ると思い、ペンパルを選びました。

ペンパルの作り方とおすすめの探し方

海外ペンパルの募集サイト

おすすめはズバリ、海外ペンパルの募集サイトです!

SNSなどで無料のサークルのようなものもありますが、ある程度は、安全性と実績があるサイトを利用した方が、初心者には安心です。

注意
出会い目的のアプリなどもあるので、注意が必要です。

会員制サイトを利用(実体験)

私が利用したのは、「川崎国際文化交流会」という会員制サイトでした。

こちらは初期費用が数千円かかりますが、その1回だけで1年間好きなだけペンパルを募集できます。

海外の利用者も、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど様々で、みなさん日本に興味があり、積極的に交流してくれます。

募集したい年齢層や住んでいる国、性別も指定可能で、趣味の合う人を効率よく探せます。

英語でのメールの作法が分からなくても、基本的な文例やトラブル対処法など、ちょっとしたサポートもしてくれますので、安心してスタートできますよ。

ペンパルならではのメリットとデメリット

メリット

ペンパルならではのメリットとデメリット

コスパ

メリットはまず、前述の通りコスパの良さです!

数千円でネイティブと、好きな時間に好きなだけ、好きな人数とやり取りができるので、トレーニングには打ってつけですね。

モチベーションが上がる

それ以外にも、仲良くなることで「もっと会話を掘り下げたい!」という気持ちになり、自然とモチベーションが上がります。

友達だから会話が弾む

オンライン英会話でも、フリートークはあるでしょう。でも、英語のレッスン中だと思うと、どうしても会話を準備してしまう。

間違いを指摘されたら、次は間違えないように……と頭がパンパンになってしまいますね。

その点、ペンパルは単なるお友達ですので、会話がポンポン進みます。

正しく理解できているか、発音はどうか、気にする必要がなくコミュニケーションさえ出来ていれば問題ないのです。

それでも、不思議なことに、だんだんと相手の言っていることが分かるようになります!

デメリット

デメリット

先生ではない

デメリットは、やはり「ペンパルは先生ではない」ということ。

「英語を教えてもらう」というマインドだと、相手の負担になってしまい、関係は長続きしません。

実際に、南さんも、「教えてもらう」という姿勢では相手の負担になる為、DMM英会話との両輪で、知識を補充しているんだって。

英スポくん

あくまで対等な友達として、コミュニケーションをとる努力が必要です。

とはいえ、人によっては親切に英語の勉強の手助けをしてくれる人もいます。

とあるペンパルは、手紙の内容を読み上げて録音してくれたり、電話では意識的にゆっくり喋ってくれます。

どんなご縁があるかも、楽しみのひとつですね。

時差の問題

もう一つは時差の問題です。

例えばアメリカと日本は昼夜逆転していますので、電話をするなら、お互いのスケジュールを合わせる必要があります。

より多く会話やメールをしたいなら、ペンパルの人数を増やすことになりますが、そうなると各々の話題の管理が大変になります。

注意
話した内容を混同したり忘れてしまっては、相手は離れて行ってしまいます。むやみに人数を増やすのはやめましょう。

ペンパルライフを楽しむコツ

ペンパルライフを楽しむコツ

英語の勉強から離れる

まず第一に、ペンパルとやりとりする時間は「英語の勉強」から離れることです。

正しい英語で会話する事より、何を話そうか(書こうか)と、毎日ワクワクしながら過ごしてみてください!

個人的な話や、時事ネタに加えて、相手にも質問しましょう。特に最初のうちは、

  1. 相手の話に対するリアクション
  2. こちらの話題(個人的な話、時事ネタ、日本の紹介など)
  3. いくつかの質問

この3つを入れる事で、関係が長続きしやすいです。

ある程度仲良くなってしまえば、考える必要もなく話題が出てきます。

人数はすくなめに

次に、自分が管理し、定期的にメールを返せる人数に留めることです。

自分が話した内容を相手が覚えていてくれないと、誰だって悲しいですよね。

日本人であろうと、顔の見えない海外の人であろうと、相手を思いやる気持ちが大切です。

当たり前のことですが、英語を学びたい気持ちが先行して、忘れてしまわないようにしましょう。

負担になるときは丁寧に断る

最後に、自分の負担になるなら丁寧にお断りすることです。

色々な人がいますので、中には合わない人もいます。

英語が理解できないという理由ではなく、メールの内容や頻度を負担に感じたら、早めにきっぱりお断りしましょう。

決して無碍にせず、丁寧に断ってくださいね。

最後に

現在の私は、DMM英会話で知識の穴埋めをしながら、会話する瞬発力を養うためにペンパルと話し、なおかつ友達ができて楽しい、という現状です。

深く付き合える関係を築くことが理想

ペンパルは、長く、深く付き合える関係を築くことが理想です。

毎回初めましてでは、自己紹介だけ上達してしまい、何の成果もありません!

しかし、難しく考える必要はありません。

海外の文化や言葉、人が好きであれば、今現在英語が話せなくても、コツを抑えれば簡単に海外の友達が作れます。

まずはトライしてみてください!

きっと、「早く始めれば良かった!」と思いますよ!

南さん色々教えてくれてありがとう。みんなも南さんの体験をヒントに、是非やってみてね。

英スポくん